#告発状\金沢地方検察庁 **** 証拠資料(jpg)/072/161_H05-01-19_平成05年01月19日 被告人供述調書(第三回公判調書と一体) 廣野秀樹 名古屋高裁金沢支部 甲第二二号証_03.jpg

:CATEGORIES: @kanazawabengosi #金沢弁護士会 @JFBAsns 日本弁護士連合会(日弁連) #法務省 @MOJ_HOUMU #被告発人木梨松嗣弁護士 #被告発人小島裕史裁判長

〉〉〉 MacBook Emacs: 2022/07/19 16:47:08 〉〉〉

 3ページ目になりますが、「面会をしたときに私が、裁判官や検察官、他の人も自分の気持をわかってくれない」というような前提で質問を続けていますが、見に覚えがなく不思議に思えるところです。

 孤立して妄想を膨らませていると被告発人小島裕史裁判長に印象づけたいのかと思えるのですが、前提となる会話がないか、あっても他の質問と同じで抽象的でつかみどころのない質問です。

 会社の連中が出てきましたが、いきなりの質問で制限時間もわからず、答えようがないというのが実際のところでした。

 次に4ページ目になりますが、私の回答に「私は穏便に済ませようと思い、家に電話をしたのですが誰も出て来ませんでしたので蟲師していたのです。」という意味不明の部分があり、気になっていました。

 直前に3月ころまで、とありますが、平成4年3月に被害者安藤文さんの自宅に電話をしたのは3月23日の夜だけになるかと思います。3月5日も電話で彼女と話していますが、私の東力の自宅アパートに掛けてもらった電話で終わっているかと思います。

 3月23日も同じように彼女に電話をかけてもらったのですが、外に出ていて久安から掛けていると答えていたので、私は母親か父親と話をするつもりで彼女の自宅に電話をしたところ、すぐに彼女が出たのです。

 2月中も半ば過ぎに一度だけ彼女の自宅に電話をした憶えがありますが、父親の安藤健次郎さんが出たという記憶です。1月21日の夜以来2回目でした。被告発人浜口卓也のアパートから電話をかけたときのことです。

 この公判調書は裁判所の書記官が作成するものと考えますが、被告発人小島裕史裁判長が手を加えているのではと思えてきました。速記録のようなものがあったとも考えられますが、仕上げに改変をした可能性がうかがえます。

 安田とあるのは被告発人安田敏のことですが、最近になってずいぶん具体的な事実の記載を読むことがあり、途中でやめたのですが蘇る臨場感のような感覚がありました。この公判のときも刺激を受けながら古傷に触られる思いがあったように映ります。

 続いて、「確か被害者と年明けの1月20日ころに会ったのですが、普通ではないと覆いました。」と公判調書にはあります。

 実際に私がどのような表現で説明をしたのか思い出すこともできませんが、一週間ほどの間に3回かあるいは4回続けて会っていて、1月21日の夕方は大型トラックに同乗させてかなり長く話しているのです、

 裏駐車場で「私の車で話そう」という被害者安藤文さんの言葉もありました。1月19日から21日という日付は立て続けに印象的な出来事が起こっていて、20日前後の事実を克明に記憶していました。

 この部分は、私の実際の法廷での発言をまるっと削除して手短に置き換えた疑いがあります。

〈〈〈 2022/07/19 17:33:24 MacBook Emacs: 〈〈〈

〉〉〉 MacBook Emacs: 2022/07/19 18:00:21 〉〉〉

 同じMacbookですが、Emacsで書面の画像ファイルを開くようにしました。縦に2列、左の列を上下2段に分割して、左側の列で画像を開いています。左上の段はディレクトリを表示していて、選択して画像ファイルを開きます。

 4ページ目の終わりの方には「ところで、被告人は被害者を叩いたり、蹴ったりしていますが、このときはどういう気持ちでしたのですか。」という被告発人木梨松嗣弁護士の質問があります。

 事前の打ち合わせや質問事項の連絡がまったくなかったこともありますが、何を意図してどのような反応を期待していたのか不可解な質問です。もともと刑事裁判というのはこういうものかという思いもあるのですが、儀式の祝詞のような奏上なのかもしれません。

 これが弁護士の仕事術のようにも思えてきましたが、でたらめな大道芸のようです。今は見かけなくなった猿回しというのがありましたが、被告人を自在にまわす職人芸がかいまみえます。

 私の回答が開口一番で、「裏駐車場の件を聞くためです。」とあり、8ヶ月間と続いています。当時の心境を思い出すことはできないですが、方向転換の舵取りの狙いがあったのかもしれません。金沢西警察署の供述調書でも裏駐車場のことは最重要事項の指摘をしているはずです。

 平成4年4月1日から8ヶ月間を遡ると、平成3年8月になります。金沢南郵便局のことが最初になりそうです。実際に金沢南郵便局に行ったという記憶はないのですが、被害者安藤文さんに行ってもらうことはなかったはずです。

- 2022年07月19日18時23分の登録: H3DB_search_”金沢南郵便局”_(該当件数:7/データベース登録数:577,710) _2022-07-19_182316の記録 https://kk2020-09.blogspot.com/2022/07/h3dbsearch7577710-2022-07-19182316.html

 けっこう久しぶりに思い出した金沢南郵便局ですが、7件の該当ということで予想よりは多い数です。

〈〈〈 2022/07/19 18:26:12 MacBook Emacs: 〈〈〈

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。