告発に至る経緯/金沢地方検察庁/証拠刑事裁判資料PDFファイルのネット公開と非常上告の手続き/比較対照としたい深澤諭史弁護士のネットde真実と、小川賢司裁判官(水戸地家裁部総括判事)の平成11年の判決(1)



告発に至る経緯/金沢地方検察庁/証拠刑事裁判資料PDFファイルのネット公開と非常上告の手続き/比較対照としたい深澤諭史弁護士のネットde真実と、小川賢司裁判官(水戸地家裁部総括判事)の平成11年の判決(1)

:CATEGORIES: @kanazawabengosi #金沢弁護士会 @JFBAsns 日本弁護士連合会(日弁連) #法務省 @MOJ_HOUMU #深澤諭史弁護士 #小川賢司裁判官 #野田政仁弁護士

〉〉〉 Linux Emacs: 2021/08/30 10:20:00 〉〉〉

 まず、昨日の朝にみつけたPDFファイルについてご紹介したいと思います。北相馬郡という地名が関わってくるのですが、夜には同じ茨城県で、小川賢司裁判官が水戸地家裁部総括判事になっていると初めて知りました。共通して不可解な業務日報のことがあります。

 再審布川事件の記録「冤罪と闘った44年」 日弁連は、この度、再審布川事件の記録「冤罪と闘った44年」を取りまとめました。 



再審布川事件記録集(PDFファイル;20MB) 追補と訂正(PDFファイル;13KB)


- 日本弁護士連合会:布川事件記録集https://www.nichibenren.or.jp/activity/human/human_rights/bunya/fukawajiken.html


 この日本弁護士連合会:布川事件記録集という頁の存在は、次のまとめ記事にあったツイートで知りました。まだよく確認していないまとめ記事です。

- 奉納\危険生物・弁護士脳汚染除去装置\金沢地方検察庁御中_2020: REGEXP:”布川事件”/データベース登録済みツイートの検索:2021-08-27〜2021-08-29/2021年08月29日10時02分の記録:ユーザ・投稿:80/125件https://kk2020-09.blogspot.com/2021/08/regexp2021-08-272021-08_29.html


(032/125) TW @asty_md(asty_md) 日時: 2021-08-27 12:31:03 +0900 URL: https://twitter.com/asty_md/status/1431096895716225031
> 布川事件の捜査担当検事の実名はここで公表されているのだが、まだ存命なのかな / 日本弁護士連合会:布川事件記録集 https://t.co/PImRO6YKae


 他に、この日弁連のサイトを紹介したツイートがないのか調べていますが、次のジャーナリスト清水潔氏のツイートもご紹介しておきます。

(070/125) TW @NOSUKE0607(清水 潔) 日時: 2021-08-27 15:51:24 +0900 URL: https://twitter.com/NOSUKE0607/status/1431147318091206657
> 冤罪で誤って長期間刑務所に入れてしまった「刑事補償」とは別にこれだけの支払い命令。実にまともな判決で、冤罪被害者にとって画期的です。
>
> 「布川事件」裁判長は、1審に続いて国と県の責任を認め、計約7400万円の賠償を命じた。2審も国… https://t.co/nkcmq2gdX7


 念のため、「日本弁護士連合会」でページ内検索をしましたが、他に該当するツイートはありませんでした。確認するとその1つのツイートは、8月27日12時31分という投稿時刻でした。リンクの日弁連のページには、投稿日時のような記載は見当たりません。

 告発\市場急配センター殺人未遂事件\金沢地方検察庁・石川県警察御中(@kk_hirono)でログインした状態ですが、Twitter検索で調べてみます。ブロックされたアカウントのツイートは表示されないということを意味します。

〉〉〉 kk_hironoのリツイート 〉〉〉

> 布川事件守る会・解散総会「まだ解散しない」!まだまだやるべき活動がある!35年の活動記録集の作成,そして,本日の総会にも関係者が駆けつけてくれた,ゴビンダさん(東電OL),名張,仙台北陵クリニック事件など,えん罪で苦しむ人々とともに,えん罪をなくすため声を上げ続けることだ!


〉〉〉 kk_hironoのリツイート 〉〉〉

> 【おうち時間を贅沢に。フルコースのデリバリー開始 | https://t.co/UT0YwIlh4m


 プロフィールに弁護士とありますがリストに未登録のアカウントで、ほかにいくつかみているように5年以上放置状態でツイートの更新のないアカウントの可能性も考えたのですが、1つリツイートしたのが最新のツイートで、今年の1月となっていました。

三浦 直子 @naomiumiupp 弁護士。もと再審えん罪布川事件弁護団(無罪確定)。日弁連貧困問題対策本部ワーキングプア部会事務局委員。非正規労働者の権利実現全国会議事務局次長。日弁連第58回人権大会・第1分科会「女性と労働~男性も女性も人間らしく豊かに暮らすために」事務局次長として奮闘中。趣味は,オペラとワインとゴージャスな旅行!のはず!! 東京・主に銀座、霞ヶ関周辺2010年7月からTwitterを利用しています 67 フォロー中 161 フォロワー



- 三浦 直子(@naomiumiupp)さんの返信があるツイート / Twitterhttps://twitter.com/naomiumiupp/with_replies


 Twitterのプロフィールを上記に引用しました。初めて見るような弁護士の名前ですが、確認しておきます。

 「twilog-serch 三浦直子」の結果はゼロでした。布川事件の弁護団に参加していたということで、茨城県内の弁護士の可能性があるとも思え、同時に思い出したのが茨城県内で弁護士をやっているという江村正之検察官のことです。

- 東京弁護士会 三浦直子弁護士 2020/03/05 まで業務停止 懲戒処分 - 弁護士を考える 旧(雑記)https://t.co/f8tA20rK7h \n 三浦直子弁護士は処分を受け、公表される前に「きっさこ法律事務所」から「四谷あけぼの法律事務所」に移動されました。弁護士登録時 2007年(60期)東京合同法律事務所


懲 戒 処 分 の 公 表

本会は下記会員に対して弁護士法第57条に定める懲戒処分をしたのでお知らせします。

              記

被懲戒者 三浦直子 登録番号 35669 登録上の事務所  東京都港区六本木6-1-20六本木電気ビル7階

きっさこ法律事務所

懲戒の種類 業務停止1月

効力の生じた日 2020年2月6日 懲戒理由の要旨

被懲戒者は2014年3月31日頃、懲戒請求者から職場の上司のセクシャルハラスメントを理由とする損害賠償請求事件(以下「訴訟事件」という。)及び同ハラスメントによって休職を余儀なくされたことについての労災申請(以下「労災事件」という。)を受任したが、訴訟事件につき期間の計算を間違えて上告理由の提出期限を徒過し、労災事件につき不支給決定に対する審査請求について懲戒請求者に対して十分な説明をした上で手続きを行うか否かの意思を確認すべきであったのにこれを怠り懲戒請求者からの審査請求の機会を失わせ、更に労災事件につき懲戒請求者及び」その取下げをおこなっていないにもかかわらず、具体的な日付けの入った審査請求書や取下げ書を作成してこれを交付するなどして、懲戒請求者に対してこれらの手続を実際に行ったような虚偽の説明をした。

被懲戒者のこれらの行為は、弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する。

 2020年2月6日東京弁護士会会長   篠塚 力

追記 2020/07/25

懲 戒 処 分 の 公 告 2020年7月号


- 東京弁護士会 三浦直子弁護士 2020/03/05 まで業務停止 懲戒処分 - 弁護士を考える 旧(雑記)http://nokie.blog95.fc2.com/blog-entry-353.html


 思わぬ発見となったのですが、上記の引用部分に、「及び同ハラスメントによって休職を余儀なくされたことについての労災申請(以下「労災事件」という。)を受任したが、訴訟事件につき期間の計算を間違えて上告理由の提出期限を徒過し、労災事件につき不支給決定に対する審査請求」などとあります。

 セクハラを理由とした労災申請というのは初めて見たように思うのですが、本件告発事件と労災の問題については早くから指摘し、平成9年には金沢の労働基準監督署に出向いて話をしたという経過もあります。

 三浦直子弁護士は東京弁護士会の所属のようです。弁護士の名前で検索するとタウンページのようなものが多く出てくるという印象があるのですが、今回はちょっと違った感じです。

 「布川事件記録集」のTwitter検索に戻ります。

〉〉〉 kk_hironoのリツイート 〉〉〉

> 日本弁護士連合会│Japan Federation of Bar Associations:布川事件記録集 http://t.co/qWs9eOmAFy 日弁連は、この度、再審布川事件の記録「冤罪と闘った44年」を取りまとめました。


〉〉〉 kk_hironoのリツイート 〉〉〉

> 【PDF保存版のページへ】 #dig954 RT @ackkicki: 日本弁護士連合会:布川事件記録集~再審布川事件の記録「冤罪と戦った44年」~ http://t.co/p9y7BWIUKM


〉〉〉 kk_hironoのリツイート 〉〉〉

> 布川事件の捜査担当検事の実名はここで公表されているのだが、まだ存命なのかな / 日本弁護士連合会:布川事件記録集 https://t.co/PImRO6YKae


 「布川事件記録集」のTwitter検索は、私の告発\市場急配センター殺人未遂事件\金沢地方検察庁・石川県警察御中(@kk_hirono)のツイートが5件、その他のツイートが4件とずいぶん少ないですが、2013年3月には、日弁連で公開されていたとうかがえます。

 昭和42年で大工が被害者という殺人事件ということで、思い出したのが「石川県奥能登でおきた蛸島学童殺人事件裁判記録」で知った旧羽咋郡富来町の八幡神社の参道で起こったという殺人事件です。未解決の話になっていたように思いますが、後に逮捕されたという情報は別に見ています。

2021-02-17 21:06:04 "石川県奥能登でおきた蛸島学童殺人事件裁判記録151ページ→昭和四〇年二月一一日富来町八幡神社参道で大工が殺害された所謂「富来町大工殺人事件」,それに本件蛸島事件である。この三事件とも,直ちに犯人を逮捕できなかった点で共通していた。" https://twitter.com/hirono_hideki/status/1362010425127178243


- 奉納\危険生物・弁護士脳汚染除去装置\金沢地方検察庁御中_2020: 「石川県奥能登でおきた蛸島学童殺人事件裁判記録」を@hirono_hideki @kk_hirono @s_hironoで検索https://kk2020-09.blogspot.com/2021/02/hironohidekikkhironoshirono_27.html


 蛸島事件の被疑者の少年も家が大工で職業が大工見習いとなっていたように思います。直接は経験がないのですが、能登では大工に仕事をしてもらうと接待が当然で、大工様という言葉も聞いたかもしれません。他にそのような職業の話は聞かないので、昔ほど特別な立場があったようです。

 接待と言っても休憩のときにお茶とお菓子を出す程度の話だと思います。全国的にはあまり聞いたことがない話ですが、田舎では普通にありそうな慣習にも思えます。

 昭和58年の秋、被告発人安田敏と一緒に遊び回っていた頃、被告発人安田敏の口から聞いたのかはっきりしませんが、宮大工の話を聞き、普通の大工とはまるで違うという説明があったと記憶に残ります。それも珠洲市宝立町鵜飼と結びつきがあるのですが、1つに宮大工という看板がありました。

 もう1つは、その珠洲市宝立町鵜飼の国道249号線沿いになるのか宮大工の看板があって、そのすぐ近くに工場があって、その工場の息子が、被告発人安田敏と同じ金沢の観音堂のアパートに部屋を借りて住んでいたことです。

 宮大工といえば職人ですが、職人芸の凄まじさを目のあたりに感じたのが、数日前のことで、長い間探しても見つけることが出来なかった、平成11年の小川賢司裁判官の判決書になります。得体の知らぬ物凄いものが宿っているとも感じました。

 なお、珠洲市宝立町鵜飼で見た宮大工の看板のことですが、昭和の時代に見ていたという記憶はなく、数年前に前の道路を通るたびに見ていた大きな看板だったのですが、今年になって通行したときは、看板がなくなったのか、少なくとも看板の存在に気がついていないことになります。

 Googleマップとストリートビューで調べたところ正確には、珠洲市宝立町春日野になるようです。やはり国道249号線でしたが、盤若橋というバス停があってその付近だったと思います。2018年7月となったストリートビューでも宮大工の看板は確認されませんでした。

 珠洲市の春日野という地名は見聞きしていたのですが、見附島から山の方に入った辺りの場所だと思っていました。ちょうどその辺りの出身と聞いていたのも、昭和58年秋の被告発人安田敏の観音堂のアパートで、被告発人安田敏の部屋の向かい側の奥だった部屋の住人珠洲市のYHになります。

- 〒927-1221 石川県珠洲市宝立町春日野 - Google マップhttps://t.co/yInuK385Ei


 調べてみると珠洲市宝立町春日野は範囲が広く、見附島の前から山の方の場所という私の認識も外れてはおらず、ちょうどその辺りに、春日野白山神社が見えます。

〈〈〈 2021/08/30 12:56:51 Linux Emacs: 〈〈〈

〉〉〉 Linux Emacs: 2021/08/31 08:48:51 〉〉〉

 昨日8月30日の昼過ぎ12時56分から中断をしていましたが、出かける前の時間で、不定休の茂平食堂でオムライスを食べ、そのあと宇出津新港の職業安定所に行き、けっこう長い時間、アルプとホームセンタームサシ能登店でぶらぶらとしていました。

 茂平食堂に入ったのは今年2回目かもしれません。前回は3週間ほど前で、夕方に担々麺のセットを食べました。おにぎり2個と漬物が二切れが麺類のセットになっています。

 偶然なのかと考えたのですが、注文した後、新聞を持ってきて軽く目を通し、そのあと週刊現代を持ってきて、これもざっと目を通しながら終わりの方のページで写真を見たのが赤木圭一郎でした。

 時刻は9時47分です。24枚の写真をアップロードしたのですが、エントリーを小分けに連載化することにします。

〈〈〈 2021/08/31 09:48:08 Linux Emacs: 〈〈〈

Follow me!

告発に至る経緯/金沢地方検察庁/証拠刑事裁判資料PDFファイルのネット公開と非常上告の手続き/比較対照としたい深澤諭史弁護士のネットde真実と、小川賢司裁判官(水戸地家裁部総括判事)の平成11年の判決(1)” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です